電報の歴史と様々な役割

昭和20年代までは、緊急時の用事を伝える唯一の方法が電報でした。「ハハキトクスグカエレ」などのように簡潔な言葉で表すものでした。まだあまり電話の普及していない昭和30年代になると、その他にも、お祝い事やお悔やみ事の際にも使われるようになりました。電話が普及してくると、緊急時の伝達にはあまり用いられなくなり、現在では、殆どが、弔電や祝電として利用されるようになりました。弔電の場合には、訃報は、突然訪れますから、葬儀等に出席できない事情が生じる事があります。そんな時に、弔電は、出かけなくても弔意を伝えてくれる便利で有り難い存在です。電報には、もう一つ、祝電があります。結婚式、喜寿や米寿、入学、卒業等々の祝い事の際にも祝意を伝える事が出来ます。しかも、ぬいぐるみやフラワー、バルーン、バルーンフラワー等の祝電がありますし、弔電では台紙でも、ベーシックなものからフォーマルなものまで様々ありますし、フラワー、ブリザーブドフラワー等もあります。

出席出来ない場合は電報

冠婚葬祭に呼ばれる際、結婚式は最低でも、だいたい1ヶ月前ほど前には通知が届きます。早めに日時かわかるので、急用の場合以外は出席できるようにスケジュール調整をします。ですが、仕事の都合上や家庭の都合上で、どうしても出席できない場合などは電報を出すことがマナーです。結婚式の電報にはいろんな種類があり、実際結婚式で目にすることもありますが、新郎新婦の前に飾っている人形や花の飾りも電報を並べているケースが多いです。そして、予測が出来ないのが、葬儀や通夜の場合です。こういった場合はあらかじめどころか、知らせがくるかどうかもわからない場合がありますので、どうしても、出席できない場合か出てきます。その際でも、お悔やみの一言を送ると同時にお花を添えるマナーです。送る言葉でもマナーがありますので、正しい内容を送ることが大切です。

冠婚葬祭の電報を打つ

冠婚葬祭を祝う為電報を打つ事で言葉で相手に対して伝える事はとてもうれしいものとなります。結婚式や葬儀など、言葉を受ける事は色々な人が聞いている前で言葉を発表されたりする事となり、そこで相手との親密度合いなど測る事が出来て、言葉で送るプレゼントとなります。そこを電報と言った形で伝える流れとしても、やはり受け取る側としても、良い状況で考えていくなど、やはり言葉を受ける事も実際に結婚式や葬儀に出席していても、みんなの前で発表される事がとても重要であり、その場にいけないケースであってもやはりそれぞれが寄り添える状況で言葉をかける事が自分がその場にいけないケースでも電報を使ってそれぞれに言葉をかける事が出来ます。そこもやはり素晴らしい状況となり、相手の気持ちに立ってやはり言葉を考えてそれぞれに対応する事が出来ます。