冠婚葬祭やお祝い事の際に便利な電報

友人からの結婚式の招待状が届いたけれど、その日はどうしても出席することができない、という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。そんな時は、あらかじめ出席できないことを伝えた上で、当日は式場に電報を送ることがおすすめです。最近では、電報の種類も増え、相手に合ったものを選ぶことができます。もちろん、電報は、結婚式の際だけでなく、遠く住む家族の誕生日や入学、進学のお祝いのメッセージを届けたり、急な訃報が届いた際にお悔やみの気持ちを伝えるなど、さまざまなシーンで活用することができます。早ければ当日配達も可能であったり、電話はもちろん、インターネットから申し込みができるので、24時間いつでも申し込むことができるなど、大変便利です。是非、冠婚葬祭やそのほかのお祝い事の際に利用してみてはいかがでしょうか。

冠婚葬祭における電報について

冠婚葬祭といえば、電報は切り離せないものですね。祝電にしても弔電にしても、届けば誰もが嬉しいものでしょう。相手方の気遣いが表れると言ってもいいでしょう。以前はNTTが一般的でしたが、最近ではインターネットを利用したものも多く存在し、ネット上から簡単に申し込むことが出来ます。さらに様々なサービスがあり、文字と併せてぬいぐるみや押し花、プリザーブドフラワーなどをつけることも可能です。弔電では、台紙に菊の花をあしらったものなどもあります。このように、足を運べない場合にちょっとした気遣いをすることで相手に想いを伝えられるのは、大変素敵なことではないでしょうか。電報と言っても、文字だけではなくこのようなサービスを利用することで、相手に喜んでもらえることは嬉しいことだといえますね。お祝い事や万が一不幸があった場合には、ぜひ利用したいものですね。

結婚式の際に送る電報のマナー

招待を受けた結婚式に参加できないけれど、お祝いの気持ちを届けたく、電報を打つ事があります。その際に気を付けるマナーがいくつかあります。まず、送るタイミングとして、祝電は、披露宴に読まれることもあるので、披露宴の準備の際に、祝電の確認が行われることもあります。その準備に間に合うように、できれば披露宴の2~3日前に届くよう手配をしましょう。当日でも配送可能なサービス会社もありますが、地域によって異なる事もあるので、最低でも前日までには届くように手配を心掛けることが大切です。宛名は、基本的には二人の名前、既に入籍している場合でも旧姓で書くようにします。関係性によっては、新郎、新婦のどちらか片方宛てでも構いません。宛先は、挙式、披露宴の行われる会場ですので、自宅に送ったり、住所を間違えない様気を付けましょう。結婚式は新郎新婦だけでなく、その家族、親戚なども参加するので、マナーを守り、お祝いの気持ちを届け、相手が気持ち良く受け取ってもらえるよう配慮することが大切です。